SODロイヤル ハトムギ配合 乳酸菌発酵 黒胡麻

セサミン30mgのチカラ。乳酸菌発酵と加熱処理を施し、黒胡麻の成分を凝縮しました。

SODロイヤル ハトムギ配合 乳酸菌発酵 黒胡麻・商品画像

黒胡麻は古くから貴重な栄養源として精進料理などにも利用されてきました。
その黒胡麻を乳酸菌で発酵し、特殊技術の加熱処理を加えることにより、胡麻特有の成分であるゴマリグナン類(セサミン、セサモール、セサモリン等)を、スムーズに消化・吸収できるよう加工し、さらにハトムギを配合しました。
1包で約30mgのセサミンを摂取することが出来ます。

原材料
黒胡麻、ハトムギ、乳酸菌
1日目安量
1包
内容量
3g×60包入り  オープン価格
掲載
食プロリサーチ
第三者機関のリサーチ会社提供サービス、食プロリサーチにて150名の管理栄養士・栄養士の方にSODロイヤル黒胡麻に関するアンケートを行い、50名の方に実際に商品を試していただきました。アンケートの結果と、試していただいた感想をまとめた資料をご覧いただけます。
SODロイヤル黒胡麻を試していただいた管理栄養士・栄養士の声はこちら

栄養成分

分析データ 製品分析 : 日本食品分析センター

SODロイヤル ハトムギ配合 乳酸菌発酵 黒胡麻・製品分析データ 製品分析データ詳細

製法工程

原材料

原材料である黒胡麻は、ミャンマー、マレーシアなどで栽培された中で、厳しい品質基準をクリアした選りすぐりのものを使用しています。

乳酸菌発酵

胡麻の希少な成分であるゴマリグナン類の主成分・セサミンの消化吸収を高めるため特定の乳酸菌株で発酵処理を施します。

加熱処理

乳酸菌発酵後の加熱処理によって、ゴマリグナン類であるセサモールが効率よく生成されます。

ハトムギ配合

ヨクイニンと呼ばれ、古くから漢方としても利用されてきたハトムギを配合。

完成

フリーズドライ加工などの最終加工処理と厳しい品質チェックを経て、完成。